歯の黄ばみに影響する食べ物や飲み物

歯の黄ばみに影響する食べ物や飲み物とは?

 

毎日の食事は生きていくためには欠かせない必要不可欠なものだと言えます。
しかし食事によって歯の黄ばみが発生してしまうため、歯を白く保ちたい人にとっては食事の内容に関しても非常に注意他必要だと言えます。

 

歯の黄ばみを引き起こす食べ物や飲み物のことを着色性食品と呼び、その食べ物や飲み物を摂取し続けることで少しずつ歯に色素が沈着していくことになります。

 

それ以外にも色素の沈着を助ける働きがある着色補助食品と言うものも存在しており、
着色性食品と組み合わせて摂取することで更に色素の沈着を早めてしまうことになります。

 

とはいえなかなかそれらの食品や飲み物を避けて食事を行うと言うことは難しいですし、避けていても気が付かない間に着色性食品を食べていたとうことも有りますので、
歯の黄ばみを防ぐために食べ物や飲み物を選択するのはとても困難だと言えます。

 

着色しやすい食べ物にも健康にいい食品がたくさんありますので、
それらを避けていて、健康的にマイナスになってしまっては元も子もありませんからね。

 

着色性食品や着色補助食品の種類は?

歯の黄ばみの原因となるのは、食品に含まれる色素がステインに変化して歯に沈着していく為ですが、では黄ばみを引き起こしやすい食べ物や飲みものとはどのようなものが有るのでしょうか。

 

まず食べ物に関しては基本的に色の濃い食べ物は着色性食品といえ、カレーなどの見た目にも色の濃いものやソースや醤油を使用したもの、
ブルーベリーと言った色の濃い果物なども歯の黄ばみを引き起こしやすい食べ物となります。

 

飲み物に関してはコーヒーや紅茶、赤ワインやコーラといった見た目にも色の濃い飲み物はそのほとんどが着色性食品となります。
補助食品に関しては口腔内を賛成にし易く歯のエナメル質に影響を与え易いもの、炭酸飲料や酸性の強い飲み物、糖分の多い清涼飲料水などは歯の黄ばみを助長させやすいものとなります。

 

こうして見るとほとんど毎日のように着色しやすい食品をどこかで口に入れている人がほとんどなんじゃないでしょうか。
これらのものを食べないように気をつけるより、
食べたとしても歯に黄ばみを残さないようにする方法を考えたほうが早そうですよね。

 

歯の黄ばみを防ぐには?

歯の黄ばみを防ぐためには出来るだけ着色性食品を摂取しないのが良いですが、調味料である醤油やソースといったものはなかなか避けることが出来ない食品です。
そのため摂取しないのではなく、摂取した後のケアが重要になります。
基本的に着色性食品を摂取してもすぐに歯に色素が沈着するわけではないので、沈着する前にきちんと色素であるステインを除去することが大事になります。

 

そのためステイン除去できる歯磨き粉や家庭用のホワイトニング器具などを継続的に使用して、ステインをきちんと除去することが歯の黄ばみを防ぐことに繋がります。
それと着色性食品と着色補助食品を一緒に摂取しないようにすることで、色素の沈着を進めなくすることもできます。このように日頃のケア次第では歯の黄ばみを防ぐことが可能になります。

 

ただ、ステインの除去は全ての歯磨き粉で除去できるわけではありません。
専用の歯磨き粉を使用するのがベストです。

 

歯の黄ばみを落とす歯磨き粉には専用の有効成分が配合されています。
それらの成分がないと歯は白くなっていきません。