タバコを吸うと歯が黄ばむ?喫煙と黄ばみの関係は?

タバコを吸うと歯が黄ばむのか?

白い歯と言うものは誰もが憧れるものだと言えますが、なかなか白い歯をいじするのは難しいことです。
特にタバコを吸う人の場合、そのほとんどが歯の黄ばみに悩んでいると言われており、ヘビースモーカーになればなるほどその黄ばみの度合いは酷くなっていきます。

 

とくに一昔前までは歯磨き粉の質もあまり良くなく、
現在ほどホワイトニングの意識も低かったので、
タバコを吸っている人はほとんどが黄ばんだ歯をしているというイメージを持っていた人もいるのではないでしょうか。

 

ではあまりタバコを吸わなければ黄ばまないのかと言えば、少量であってもタバコを吸う限り歯の黄ばみからは逃れることは出来ないと言えます。

 

これはタバコを吸うことでその煙に含まれるヤニが付着していくことになり、そのヤニが歯の黄ばみの原因となってしまうためです。
その為1日1本しか吸わなくてもヤニは歯に付着しますので、遅かれ早かれ歯の黄ばみは進行していくことになります。そのためタバコを吸い続ける以上は、一生歯の黄ばみからは逃れられないわけです。

 

何故タバコで歯が黄ばむのか?

タバコを吸うことで何故歯が黄ばむのかはタバコのヤニが原因だと言いましたが、では何故ヤニが黄ばみの原因となるのでしょうか。

 

これはタバコを吸うことで歯に付着したヤニは、ステインと呼ばれる物質に変化していきます。
このステインは歯の黄ばみの原因となる色素沈着を引き起こすもので、タバコ以外にもコーヒーやワイン、紅茶と言った嗜好品にも多く含まれているものです。

 

基本的に色の濃い食べ物にもステインは多く含まれているため、それらを好んで食べる人も歯の黄ばみが進行しやすいと言えます。
タバコの場合、多くの人が毎日欠かさずタバコを吸いますし、もしコーヒーとタバコと言った組み合わせの場合、更にステインの沈着を進行させることになります。

 

つまり黄ばみの原因はタバコだけではないのです。
タバコを吸わなければ安全ということもありません。

 

一旦歯に沈着したステインは少しずつ沈着する量を増やしていきますので、ケアを行わなければ黄ばみ以上の茶色い歯になってしまうこともあります。

 

タバコで歯が黄ばんだ場合のケアは?

タバコを吸う場合、ヤニによる黄ばみからはどうやっても逃れられませんので、タバコを吸いながら黄ばみを無くすには日頃のケアがとても重要になってきます。
まず行ったほうが良いのが黄ばんでいる歯を白くするためのホワイトニングで、これは歯医者でも自宅でも可能となります。

 

ただ自宅で行うホワイトニングは時間がかかりますし効果が薄い場合もあるので、
できれば歯医者でホワイトニングを行ない、その状態を維持するために自宅でホワイトニングのケアを行うのが理想的だと言えます。

 

タバコを止めればヤニの付着は止まりますので、それが最も効果的ではありますが、なかなかタバコを止めるのは難しいと言えますので、まずは黄ばみ除去のホワイトニングを行ない、その後は継続的にヤニを除去するケアと白さを保つ自宅でのホワイトニングを行うと黄ばむことを防げるでしょう。

 

当サイトでおすすめしている黄ばみを落とす歯磨き粉はタバコのヤニによる黄ばみにも適していますので、
ぜひそちらも読んでみてくださいね。