歯の黄ばみの本当の原因は?体験談は?

歯の黄ばみに悩むTさんの体験談

私は歯の黄ばみに長年悩んでいます。物心ついた頃から歯は黄ばみ始めていて、未だに解決策が見つかりません。芸能人のような白い歯に憧れますが、一般庶民のケアでは芸能人並みの歯にはなれないでしょう。ですが宇宙人クラスの歯になることは難しいとしても、やはり少しでも白くなりたいという願望はあります。

 

私は接客応対のある仕事に就いていますので、人様に黄色い歯は見せたくない訳です。けれども仕事柄、笑顔を作らなければならない、するとどうなるか、口を大きく開けて笑顔を作ることに自信が無いものですから、いつも口角を上げるだけの引きつった笑顔になりがちです。スマイルとは多少なりとも口を開きますよね。開けた瞬間、黄色い歯もオープンになり、実はとても恥ずかしさを感じています。

 

また、趣味で歌を歌ったりするのですが、歯の黄ばみが気になってカラオケ店で友人と楽しむこともできません。大声で熱唱したくても、終始私の歯の黄ばみに目線が集まることを考えたら、歌うことがとても億劫になります。
勿論黄色い歯を一生そのまま放置しておこうとは思っていません。私なりに歯を白くする方法を日々模索しています。よくネットで見かけるのは審美歯科の広告ですが、薄給の私ではホワイトニング治療の費用は高すぎて捻出できません。何万円もの治療費なんて無理な話です。

 

そこでもっと手頃な歯のホワイトニング方法はないかと、歯を白くする効果のある歯磨き剤を試してみたことがあります。まず一番初めに試したのは「芸能人は歯が命」というCMでお馴染みだった「アパガード」という商品でした。当時そのCMを見た時はなんて画期的な商品だろうかと感じ、これは良い予感がすると期待を寄せました。確か株式会社サンギが販売していたもので、当時は私の中で無名の会社でした。

 

いざ使ってみたところ、歯が劇的に白くなったという実感はありませんでしたが、使い心地の良さから高級歯磨き剤だという感想を抱きました。一本丸々使い切り、残念ながら目に見えて白くなったようには思えませんでしたので、リピーターにはならず終了。値段も少々高かったことから継続買いは断念したのです。

 

その後ずっと歯のホワイトニングを諦めていたのですが、数年前にヤクルトの定期便を自宅に届けてもらうようになって、ヤクルトレディさんからのお勧めで高価な歯磨き剤に再び手を出すようになりました。
歯磨き剤をあのヤクルトが販売しているとは、世の中不思議な話もあるものだと思いましたが、騙されたつもりで「薬用アパコートS.E.」という商品を購入してみたところ、意外や意外、その実力に驚きました。徐々にですが本当に歯が白くなってきているという実感を得たのです。何をしても無理だった私の頑固な歯の黄ばみが薄くなりつつあることに少しばかり感動しました。

 

よしこれからはこの歯磨き剤を使い続けるぞと決心し、ヤクルトレディさんに家に販売に来てほしいとお願いしたところ、どうやらヤクルト飲料とセットで売りたい様子。この歯磨き剤だけでは売ってくれないとの話でした。冷蔵庫がヤクルト飲料で溢れ返ることを覚悟して歯磨き剤をコンスタントに買い続けるか、それともあっさりヤクルトとの契約を切るか、二者択一でした。選んだ結論は後者、歯磨き剤のために要らないヤクルト飲料まで買いたくありません。せっかく歯のホワイトニングがセルフで可能になりそうな機会が巡ってきたのですが、目前の所で逃がしてしまいました。やはり歯のホワイトニングは自己流ではなかなか難しいようですね。

 

更にヤクルトとの契約を切った後、百円ショップで歯の消しゴムなるものを見つけて買ってみましたが、黄ばんだ歯の根元を擦り続けると痛くなっただけで、何の効果も無し。これも断念しました。力任せに擦っても黄ばみは取れないということがわかりました。歯の黄ばみはとても頑固で、さすが長年の間、口内に居座ってきただけのことはあります。

 

これからも私は歯の黄ばみとお付き合いしていかなければならないのでしょうか。ああ、瞬時にして黄ばみを消し去る画期的な方法を誰かに発明してもらえたらなあと思ってしまいます。

 

歯の黄ばみの原因は人それぞれ

 

こうして読んでみるとTさんは歯が黄ばむ原因が歯の表面の汚れにあると思い込んでしまっているようですね。
たしかに歯の表面に付着したプラークや食べ物の色素が歯を黄ばんで見せてしまうのは事実です。

 

ですが、汚れを意識するあまり、研磨剤や歯の消しゴムなどで間違った磨き方をするのは逆効果です。
なぜなら、その歯の黄ばみが着色による色ではないかもしれないからです。

 

歯の表面は半透明のエナメル質という物質が覆っています。
ですが、加齢や磨きすぎなどの物理的刺激によってこのエナメル質が薄くなってきてしまうと内部の象牙質の色が透けて見えてきてしまいます。
この象牙質は個人差があるのですが、薄い黄色のような色をしており、その色が歯の色に影響を与えて黄ばんで見える場合があるのです。
なのでエナメル質の減少により歯が黄ばんで見えている場合、着色汚れを取り除こうと一生懸命ごしごししてもさらにエナメル質をすり減らしてしまうだけで逆効果になってしまうのです。

 

あなたがもし歯の黄ばみに対して悩んでいるのでしたら、まずは歯科医で診察を受けることが大切です。
また、安物のオーラルケア商品などを使用せずに、きちんと黄ばみ対策のために開発された専用の歯磨き粉を使用して歯磨きをしてあげましょう。