歯の黄ばみは損をする?

歯の黄ばみが与える悪影響とは?

白い歯でニコッと笑うシーンを良くドラマなどで見かけますが、やはり口の隙間から見える歯が白いか黄ばんでいるかでは、その人に対する印象が大きく変わってくることになります。
例えれば、歯の黄ばみを放置していると言うことは、身だしなみを整えていないのと同じくらい周りに与える印象が悪くなると言っても過言ではありませせん。

 

これはプライベートのみならず仕事上の付き合いにおいても言えることで、せっかくまとまりそうだった案件が、歯の黄ばみによってダメになると言うことも決して大げさではなくあり得る話なのです。
営業の仕事の場合も営業先での第一印象が最も重要だと言えますので、歯が黄ばんで汚れているかそれとも白い歯で清潔感があるのかは、非常に重要なポイントとなるでしょう。

 

歯の黄ばみがもたらす悪影響とは?

歯の黄ばみと言うものは、見た目の汚さだけではなくその人全体の印象にも大きな悪影響を与えてしまいます。
もし歯が黄色く汚れているように見えた場合、それだけで不潔に見える、息が臭そう、気が利かない人といった印象を与えてしまう場合もあり、
仮に息が臭くなくて気が利く性格であってもそれが歯の黄ばみだけで全て判断されてしまうことも考えられます。

 

というよりも、歯の黄ばみを放置している時点でそれ自体が問題だと考える人もいると言えますし、それが取引先の相手だった場合、仕事に対して非常に大きな影響を与えることにもなりかねません。

 

実際に審美歯科の先進国アメリカでは歯並びが悪かったり、歯が黄ばんでいたりするとそれだけで昇進コースから外れてしまうことも珍しくないそうです。
それだけみんなが歯の色に気を遣っているので自分もキレイにしておかないと恥ずかしいという意識なのでしょうか。

 

ビジネスマナーとしても歯の黄ばみは大きな問題点だと言えますから、自分自身で歯の白さを常日頃から確認しケアしておくことが、自分の評価を下げずにすむことに繋がるのではないでしょうか。

 

歯の黄ばみを改善して評価アップ

歯の黄ばみは見た目の印象がとても悪いため、何を行う場合でも良い評価には繋がらないと言えます。
その為日頃からの歯のケアや、ホワイトニングを行って歯の黄ばみを除去すると言った対策がとても重要になってきます。

 

歯の黄ばみを除去することで見た目の印象は大きく変わりますし、プライベートなどで友達や恋人に会った場合でも爽やかな印象になり汚い印象は無くなりますので、自分自身の評価をアップさせることにも繋がります。
日本でも白い歯はだんだんと珍しくなくなってきていますし、今後歯の白さの基準はどんどん明るくなっていくことが予想されています。

 

基本的には歯科医でのオフィスホワイトニングを行なえば黄ばみは一発で解消できますが、重要なのはその白さをキープし続ける日頃のケアですので、
ホワイトニングしたから大丈夫と安心せずに、黄ばみの元となるステインの付着を防ぐ歯磨き粉の使用や、白さをキープするための自宅ホワイトニングの利用も選択肢の一つとして考える必要があります。

 

◎関連記事

 

歯の黄ばみを落とす歯磨き粉ランキング!