加齢と歯の黄ばみは関係ある?その原因と対処法とは?

加齢により歯は黄ばむのか?

白い歯を維持するのはとても困難ですが、日頃からのケアや黄ばみを防止する対処を行なえば、歯の白さをキープすることは不可能ではありません。
しかしいくらケアを入念に行っていても加齢とともに歯が黄ばんでいくのは防ぐことが出来ない現象だと言えます。

 

実際に子供の歯と年配の人の歯を見比べてみると分かるのですが、子供は総じて歯が白いのに対し、
年齢が合上がれば上がるほどその歯の白さは失われていっているのが分かるのではないでしょうか。

 

肌、髪、そして歯についても老化の影響はかならずあると言われています。

 

 

これは加齢によって歯そのものの色が変化しているためで、加齢による歯の黄ばみは誰もが経験することになる避けては通れない現象だと言えます。
体が加齢とともに変化するのと同じで、歯に関しても加齢ともに徐々に変化していきますので、加齢による歯の黄ばみは防ぐことが出来ないと言えます。

 

加齢で歯が黄ばむ原因とは?

加齢によって歯が黄ばんでいく原因は、歯そのものの材質が加齢とともに変化していく為だと言えます。
歯を構成しているのは内側にある象牙質と表面を覆うエナメル質の2つで構成されており、
内側にある象牙質が加齢ともに少しずつ色を変化させていくことで歯の黄ばみが顕著に現れてくることになります。

 

エナメル質に関しても加齢とともにその厚みが減少していく為、変色した象牙質の色がエナメル質から透けて見えるようになるため、更に黄ばみが分かり易くなるわけです。

 

この加齢による象牙質の変色とエナメル質の厚みの現象は避けて通れないものですので、誰にでも必ず現れる歯の変化だと言えます。
そのため加齢による黄ばみに関しては表面のステインなどを除去したところでベースとなる歯の色そのものが変わっているので、通常のケアでは白くすることが出来ません。

 

加齢による黄ばみを解消するには?

加齢による歯の黄ばみは歯の材質の変化によるものですので、表面的に何を行っても白くすることは難しいと言えます。
しかし歯医者などで行っているホワイトニングであれば、歯そのものの黄ばみを漂泊することで除去できますので、加齢で黄ばんだ歯でも白くすることが可能になります。

 

自宅で出来るホワイトニングでも加齢による黄ばみを除去できますが、この場合は歯医者のホワイトニングに比べて時間がかかりますし、
なかなか白さを実感できないため、やはり歯医者でのホワイトニングのほうが効果は高いと言えます。

 

しかし一回ホワイトニングをしても歯の変色は加齢とともに進みますので、自宅でのホワイトニングケアも重要になりますし、
薄くなったエナメル質を再石灰化させて厚みを回復させることも大事なケアだと言えます。

 

つまり、ただ歯を白くするだけでなくエナメル質を再石灰化させてくれるような歯磨き粉を使用することが、
白い歯を維持するためには望ましいのです。

 

ちなみにエナメル質の成分の97%はハイドロキシアパタイトという成分です。
この成分には歯の美白効果もありますので、ハイドロキシアパタイトを配合している歯磨き粉を使用することが
歯のエナメル質を再石灰化し、老化による黄ばみを防いでくれることになります。

 

歯の黄ばみを防ぐハイドロキシアパタイト配合の歯磨き粉についてはこちらのページにまとめてあります。

 

歯の黄ばみを防ぐ歯磨き粉