歯を白くするのに重曹?重曹を使用する安全性と効果

重曹で歯は白くなるのか?

白い歯を維持するのは手間と暇がかかりますし、正しいケアを行うとやはりお金がそれなりにかかるのが悩みの種だといえます。
しかし今巷で言われているのが重曹を使用すれば歯の黄ばみを除去して白くできると言う方法で、重曹自体は非常に安価なものですのでそれが効果があるのであればとても手軽に歯の白さを維持することが可能になります。

 

では実際に重曹で歯が白くなるのかと言えば、重曹を使用すれば歯を白くすることは可能となります。
重曹自体は膨らし粉や野菜のあく抜きなど料理で使用するものですので、歯に使用しても特に害はないと言えます。

 

しかし重曹を使用して歯を白くすることは白くなるメリットがある代わりに、重曹ならではのデメリットもあるということをしっかりと理解しておく必要があります。

 

何故重曹で歯が白くなるのか?

重曹を使用することで歯の黄ばみを除去し歯を白くすることは実際に可能だと言えます。
では何故重曹で歯の黄ばみが落ちて白くなるのかと言えば、重曹には非常に強い研磨作用があるため、その研磨作用によって歯の表面を削り取ることで黄ばみを除去し歯を白くしているわけです。

 

簡単に言えば歯の表面を削り取って白くしているため、毎日のように重曹を使用していると歯の表面のエナメル質がどんどん削られて薄くなっていき、知覚過敏や薄くなった場所から虫歯になるということも考えられます。
その為重曹には非常に高いホワイトニング効果があるのは間違いないですが、毎日のように重曹を使った黄ばみ除去は歯に与えるダメージがとても大きくなることを理解して使用する必要があります。
重曹入りの歯磨き粉も同様で、使い過ぎには注意が必要です。

 

 

重曹を正しく使ったケア方法とは?

重曹を使用した黄ばみ除去は、非常に高い効果があると言えます。
しかし重曹=研磨剤だと言えますので、正しい使い方をしないと歯に対して深刻なダメージを与えてしまうことになります。

 

まず重曹だけを使用するのであれば、直接歯に重曹を付けて擦るのではなく重曹うがいでの使用が最も安全な使い方だと言えます。

 

重曹うがいとは重曹を水に溶かし、それで口の中をすすぐ方法で、この方法でも十分な黄ばみ除去が行えます。直接歯に付けないので歯へのダメージも最小限に抑えられます。

 

 

重曹入りの歯磨き粉を使用する場合には、毎日の使用は避けて黄ばみが気になる時だけ使用するのが歯を傷めない使い方となります。
重曹だけの使用でも重曹入りの歯磨きのの使用でも、必ず歯へのダメージがありますので、使用する場合はそのリスクも理解して正しく使用しましょう。

 

ちなみにもっと日常から使用できる安全な歯磨き粉もあります。
歯の黄ばみを落としたいならこちらの記事も合わせて読んでみてくださいね。

 

歯の黄ばみを落とす歯磨き粉のおすすめは?