ホワイトニングは痛い?危険性がある?

ホワイトニングの安全性と痛みについて

 

歯の黄ばみに悩む人の歯を美しく白くする審美歯科治療のホワイトニング。

 

笑った時の笑顔をより美しく、そしてその笑顔に自信を持つ事が出来るようになるなどメリットも多いホワイトニングですが、「歯を白くする」という治療方法に少なからず痛みや危険性の有無などを心配される人が居るのも事実です。

 

審美歯科の歯科治療におけるホワイトニングとは、通常の場合は過酸化水素水が含まれる薬剤を使用して患者さんの歯を白くしてゆきますので、過酸化水素水がホワイトニング治療を受ける患者様の歯に痛みを与える事はありませんが、まれに歯のひび割れであるクラックや重度の虫歯などが放置されたままの状態でホワイトニング治療を受けた患者でも痛みを感じるケースがあります。

 

今回は、ホワイトニング治療時の痛みとホワイトニングの安全性についてお話をさせていただきます。

 

ホワイトニング治療時に感じる痛みの原因

 

通常はホワイトニング治療時に歯に痛みを覚える事はありません。
しかし、患者様の歯にクラックと呼ばれるひび割れや重度の虫歯がある場合などはホワイトニングの際に痛みを感じる事があります。

 

これは、歯がひび割れや虫歯などによってエナメル質が割れているまたは削られている状態で、エナメル質の内側の組織である象牙質がむき出しになっている事が原因で発生する痛みです。
歯の表面の組織であるエナメル質の内側には象牙質と呼ばれる組織があり、この象牙質は歯の神経の部分である歯髄に繋がる象牙細管という小さな穴を無数に持っています。

 

歯がクラックを起こしていたり虫歯になっている状態でホワイトニングをする事で象牙細管にホワイトニングの薬剤が浸み込んでしまい、歯の神経である歯髄を刺激して痛みが出てしまうのです。

 

ホワイトニング治療時の痛みはホワイトニング治療時と治療後24時間以内に喪失する事がほとんどですが、歯にクラックや虫歯がある場合にはまずクラックや虫歯を治した後でホワイトニング治療を受ける事をおすすめします。

 

ホワイトニングに使用する薬剤の種類について

 

現在、歯を白くするホワイトニング治療で一般的に用いられる薬剤の主成分は過酸化水素水で構成されています。
過酸化水素水は傷の消毒や口腔内の消毒に長年使われてきた薬剤で、人体への影響や安全性については様々な実証と研究によって安全性が証明されています。

 

また、審美歯科ではなく自宅で患者様が自分自身で行うホームホワイトニングの薬剤には過酸化尿素が使われている事があります。
過酸化尿素は自然分解を経て過酸化水素水と尿素に分かれますのでホワイトニングの仕組み自体は過酸化水素水を用いたホワイトニングと同様ですが、審美歯科で行うホワイトニングよりも過酸化尿素を主成分とする薬剤を使って行うホームホワイトニングは過酸化水素水の分解反応によりホワイトニング効果が弱くなります。

 

いかがだったでしょうか。
歯科医でのオフィスホワイトニングの場合、即効性が求められますので、
多少のリスクはあるものです。

 

でも専門医が正しい方法で行ってくれるので心配することはありません。
ただ、どうしても歯科医でのホワイトニングに不安を感じているのであれば、
自宅で歯磨き粉を使ったケアもあります。

 

そちらなら普段の歯磨き粉を専用のものに変えるだけですので、
当然痛みなどあるはずもないです。

 

詳しく知りたい方は、歯を白くする歯磨き粉のページを読んでみてくださいね。