歯の黄ばみの原因と対処法

歯の黄ばみの原因となるのは?

笑った時にチラッと見える白い歯と言うのは、見た目の印象も好印象になり易いため日頃の歯磨きやケアは欠かせないものだと言えます。
しかしいくら気を付けていたとしても歯の黄ばみは誰にでも起こり得る現象だと言えますし、
一旦黄ばんでしまった歯は、自宅でのケアではなかなか白くすることが出来ないと言えます。

 

歯が黄ばむ原因として挙げられるのは2通りの原因が考えられ、
一つは加齢による象牙質の変色とエナメル質の厚みの減少、もう一つは食べ物による色素の沈着です。

 

それ以外にも虫歯を治療した金属が溶けだすことで黄ばみが発生することも有りますので、
これらの黄ばみはいくら気を付けていても避けられない場合が多いと言えます。

 

毎日ちゃんと食後に歯磨きをしているのに、それでも歯が黄ばんできてしまう。
普通の歯磨き粉を使用しているだけではなかなかこの問題は解決しにくいです。

 

黄ばみの原因はそれぞれ違いますが、やはり黄ばんだ歯は見た目の印象が良くないですので、出来るだけ黄ばみを除去することが必要となります。

 

歯が黄ばんでしまう理由とは?

 

歯の黄ばみにも色々と原因が考えられますが、それぞれに黄ばんでしまう理由があります。

 

まず歯の象牙質の変色とエナメル質の厚みの減少に関しては、歯と言うものは外側を覆うエナメル質と内側の象牙質で構成されています。
内側にある象牙質は歯を構成する成分として非常に重要な役割を持ちますが、この象牙質は齢を重ねるごとに徐々に色が黄色く変化していきます。

 

それだけなら特に問題ないわけですが、表面のエナメル質も年齢と共に徐々に薄くなるため、内側の象牙質が空けて黄ばんで見えるようになります。
食べ物などによる色素沈着は、コーヒーやワインと言ったものに含まれるステインが主な黄ばみの理由となります。
このステインは一旦沈着してしまうとなかなか除去できませんので、非常に厄介なものだと言えます。

 

このステインは市販の歯磨き粉ではなかなか落とすことができません。
黄ばみを落とす歯磨き粉を使用する必要があります。

 

タバコのヤニも黄ばみの原因となり易く、ヘビースモーカーで有ればあるほど黄ばみやすくなります。
歯の治療に使用した金属の溶けだしは、年々少しずつ溶けだし基盤で行く為、なかなか黄ばみに気づきにくいと言えます。
その為気づいた時にはすっかり歯が黄ばんでいたということも考えられます。

 

黄ばみを防ぐためには?

 

歯の黄ばみを防ぐためには、やはり日頃のケアが最も重要となります。
とはいえ、象牙質の変色やエナメル質の厚みの減少は避けられないものですので、これに関してはホワイトニングを行うことで見た目の色を白くすることで対処が可能になります。

 

色素沈着に関してもホワイトニングで黄ばみの除去が可能ですが、
食べ物での色素沈着やタバコでの黄ばみはホワイトニングを行っても日頃からケアをしないとまた黄ばんでしまうため、
色素沈着を防ぐ歯磨き粉や、タバコのヤニを除去できる歯磨き粉などを使用すること重要となります。

 

黄ばみ対策に開発された歯磨き粉にはハイドロキシアパタイトなどの有効成分が配合されています。
これは市販の安い歯磨き粉には入っていません。

 

一生懸命歯を磨いているのにぜんぜん歯が白くなっていかないのはこのためです。

 

歯の治療による金属の溶けだしに関しては、
金属ではなくセラミックなどの素材を使用して歯の治療を行って貰えば、金属の溶けだしを防げますので歯が黄ばむことは無くなるでしょう。
どの場合でも一旦歯の黄ばみを除去することが先決ですので、まずは歯医者に相談してみるとよいでしょう。