激落ち君を使用した歯の黄ばみ除去の危険性とは?

激落ち君で歯の黄ばみが落ちる理由

激落ち君というスポンジをご存知の方も多いともいますが、この激落ち君は本来お皿などの落ちない黄ばみなどを落とすための特殊なスポンジとなっています。
実際に激落ち君を使用してお皿などを擦った場合、通常のスポンジでは落ちないような黄ばみや汚れも綺麗に落とすことが可能となります。

 

この激落ち君を使って歯の黄ばみを落としている人がいるようですが、確かに激落ち君を使用した場合には、歯の黄ばみを落とすことは可能となります。

 

これは激落ち君の素材に秘密があり、激落ち君はスポンジの中に研磨剤を配合されて作られているため、その研磨剤の効果で歯の表面の黄ばみが研磨されて落ちたと言うことになるわけです。
しかしこの行為は歯にとっては最悪の方法だと言え、一時的には黄ばみは除去されますが、その後の歯の状態と黄ばみに関しては除去前よりも酷くなることが考えられます。

 

激落ち君を使用することの危険性とは?

激落ち君を使用して歯の黄ばみを取ると言う行為は、簡単に言えば歯の表面をヤスリでゴシゴシ擦って削り落としていることと同義だといえます。
その為擦った後の歯の表面は今でもなく削り取られてガタガタの状態になっていますし、見た目には綺麗に見えますが実際には細かい傷が無数にある状態のため、歯を傷つけて黄ばみを除去していることになるわけです。

 

歯の表面はエナメル質と呼ばれる材質で構成されており、その表面に傷が無数にある場合はその傷から虫歯になることも考えられますし、あまりにも擦り過ぎた場合にはエナメル質の奥にある象牙質にまで影響が及ぶことも考えられます。スなってしまうと激落ち君で黄ばみを取ったことがむしろ歯を傷つけ虫歯などの原因を作ってしまうことになりますから、激落ち君での歯の黄ばみ除去は危険なため決して行ってはいけない行為だと言えます。

 

ちなみにエナメル質をけずって薄くなっていくと中の象牙質が透けて見えるようになっていきますが、
この象牙質が黄ばんでくることもあるのです。

 

象牙質は加齢とともに黄ばんできます。
その象牙質が激落ちくんによってさらに表面に見えてきたら、余計に歯は黄ばんで来るのです。

 

使い始めはステインなどを落としたせいで一時的に白く感じるかもしれません。
だからこれで白くなるんだと勘違いしてどんどん続けていくと、
今度はエナメル質を削ったことが原因で黄ばんできます。

 

おかしいな、もっと削らなくちゃ。
とさらに激落ちくんによるケアをするようになります。
気が付けば歯のエナメル質はボロボロに、修復不可能な状態に悪化させてしまう可能性もあります。

 

激落ち君を使わずに黄ばみ除去を

激落ち君を使用しての歯の黄ばみ除去は、将来的に歯の状態を悪化させるっ原因となる最悪の行為です。
その為歯の黄ばみが気になるのであれば激落ち君など使用せずに、正しい方法で歯の黄ばみを除去することが必要となります。

 

正しい方法と言うのはやはり歯医者などでホワイトニングを行うとか、自宅で歯に悪影響の無い黄ばみ除去出来る歯磨き粉などを使用するなど、歯に対して負担にならない方法で黄ばみを除去することが重要となります。

 

一時的に激落ち君で黄ばみが除去できたとしてしてもそれは非常にリスクが高く安全性に欠ける行為ですので、自分の歯を健康に保ちたいのであれば、激落ち君での黄ばみ除去は行なわないほうが良いでしょう。
それと日頃からの歯磨き習慣も重要になりますので、色素を沈着させない正しい歯磨き方法を学ぶことも必要となります。

 

基本的に歯の表面のステインは削り落とすのはNGです。
歯科医では削り落としてくれるかもしれませんが、これはプロが専用の器具と技術で行っていることなので問題ありません。

 

ですが家庭でのセルフホワイトニングの場合は汚れを溶かして落とすような方法を取りましょう。

 

ちなみに自宅で歯を白くできる歯磨き粉があります。
こちらはハイドロキシアパタイト配合でエナメル質の修復と美白を行ってくれます。