歯の黄ばみを落とす歯磨き粉人気ランキング![最新版]

歯の黄ばみを落としたい!

歯の黄ばみ

現在、日本でも歯への意識がとても高くなっています。
そんな中で歯の色(くすみ、黄ばみ)に悩んでいる人はとても多いのです。

 

歯や歯ぐきの悩み調査によると、歯の黄ばみを落としたいと悩んでいる人は全体の67%以上、
実に3人に2人の人が自分の歯の色にコンプレックスを持っていることがわかったのです。

 

だからこそ…

 

歯の黄ばみを落としたい!
白い歯で思いっきり笑いたい!

 

そんなあなたに、歯の黄ばみを落とす美白成分の入った歯磨き粉をご紹介!
自宅でホワイトニングをするときの注意点もまとめてありますのでそちらも目を通してみてくださいね。

歯の黄ばみを落とす歯磨き粉ランキング!

オーラパール

いきなり結論から言っちゃいますと、
歯の黄ばみを落とすのに一番おすすめなのがオーラパールです。

 

オーラパールがなぜ1位になっているのか、その理由は
ホワイトニング歯周病予防を同時に行えるから。
そして間違いなくコスパが安いから。

 

ホワイトニング成分「ハイドロキシアパタイト」が歯の黄ばみを溶かしてくれる、
歯を削らない安全なホワイトニング歯磨き粉になります。

 

オーラパールのメーカーが公式で発表しているのが、
黄ばみ除去、口臭予防、歯周病予防、歯グキの引き締め、色素沈着の防止、殺菌効果です。
オーラパールは

  • 自然な白い歯で第一印象を良くしたい
  • 安く、自宅のケアで歯の黄ばみを解決したい
  • 現在、歯グキのケアをしていない(たるみが気になる)
  • 面倒くさいのは嫌だ

といった方におすすめです。
オーラパールを使用することで安くホワイトニングができて、歯周病予防も同時にできます。

 

ただし、実際に使用してみた感覚としては、
歯科医でするホワイトニングのように数回の使用で効果を実感できるほどではありませんでした。

 

ホワイトニングの効果も、眩しいほどの真っ白な歯というよりは、自然で健康的な白といった感じです。
それでも継続使用することで自然な白い歯が手に入ります。
また喫煙者の友人にも試してもらいましたが、タバコのヤニもとても良く落ちます。

 

そして使い続けることで歯の表面がツルツルになってきます。
(市販品の歯磨き粉ではここまでの実感は得られませんでした)

 

今すぐにでも眩しいほどの真っ白な歯にしたい!という方は歯科医でのホワイトニングをおすすめします。

 

でも、安く、長期的に白い歯を維持していきたい。
自宅のケアでツルツルな歯と健康な歯グキを手に入れたい。

と考えている方にはオーラパールが一番おすすめです。

 

税込で1,944円という値段も国産の高品質な歯磨き粉の中ではダントツに安いですしね。
(白い状態を維持するために継続していきたいので、あまり高い歯磨き粉では金銭的にキツイと思います。)

 

オーラパールは薬局やドラッグストアでの店頭販売は行っていないようです。
通販限定商品になりますが、あなたが購入してみて「これじゃなかった…」と後悔して欲しくないので、
まずはこちらからオーラパールの成分や口コミをチェックして、それから考えてみてくださいね。
↓      ↓      ↓

 

このサイト限定、初回10%OFF&送料無料&電動歯ブラシプレゼントも行っています。
とくに電動歯ブラシのキャンペーンはいつまで続くのかわかりません。

 

(あと、ここだけの話なんですが、定期コースで購入してすぐに解約したとしても電動ハブラシはもらえてしまいます^^
一定回数継続しないといけないということもないので、申し込む時は定期コースの方が間違いなくおトクです♪)

 

 

〜オーラパールを初めて使う方へ〜

歯の黄ばみを落とすための歯磨き粉をお探しでしたら、オーラパールはとってもおすすめだと思います。

 

でも、それが自分に合うかどうか、それは人それぞれな部分もあります。
人気があるから大丈夫だろう、と簡単に決めようとしていませんか?

 

買ったあとに「これじゃなかった」と後悔しないためにも、
まずは落ち着いて実際に買って使った人の口コミをチェックしてみてください。

 

「お金を払って歯磨き粉を買ったのに自分には合わなくて後悔…」といったことも少なくなります。
実際に自分で使っているのをイメージしながら決めるのが失敗しないためのコツです。

 

→→OraPearl(オーラパール)の口コミはこちら

 

(あなたにピッタリの歯磨き粉に出会えるといいですね!)

 

パールホワイト

第2位はパールホワイト。
値段は高いですが、ホワイトニング効果を早くて数日で実感できると評判の歯磨き粉です。

 

簡単に歯をきれいにできる。効果がすぐに実感できる。
これらの点はかなりポイントが高いですよね。

 

ただし、1位のオーラパールに比べてかなり値段が高いです。

 

定期コースにすると、初回は3,240円 → 2回目以降は6,480円になります。
定価よりも安くなりますが、定期プランは最低でも3回継続しないと解除できないので、
最低でも16,200円の出費になります。

 

それでも歯科医でのホワイトニングに比べたら完全に格安です
歯科医でのオフィスホワイトニングは1回1万円、初めての場合最低でも3回くらい通わないといけないので、
それだけで数万円の出費になってしまいます。

 

自宅でできるホワイトニングとしては高額ですが、
予算内なら一度検討してみてくださいね。

 

パールホワイトの公式サイトはこちら
↓    ↓    ↓
パールホワイトの公式サイトはこちら

 

 

歯が黄ばんでしまうのはどうして?

日本では欧米ほど歯の見た目に気を使う人は少ないと言われています。
白くて歯並びがいいとそれだけで清潔感がありますもんね。

 

日本でも歯列矯正やホワイトニングに対する関心が年々高まってきています。
歯が黄ばんでしまう主な原因は、

  • 汚れ
  • カフェインやタバコなどによる着色
  • 表面のエナメル質にできてしまった細かい傷

主にこの3つです。
歯の黄ばみは、食べ物や飲み物に含まれているステイン(着色物質)が、
歯の表面のタンパク質と結びついてそれが蓄積していくことによって起こります。

 

この汚れによる黄ばみは毎日の適切な歯磨きによってある程度は防ぐことができます。

 

ただし毎日食事をして、歯磨きをして、その中でだんだんと歯の表面のエナメル質に細かい傷ができてきます。
この傷が光の乱反射を起こして白く見えていた歯を黄ばんで見せてしまうのです。

 

さらにこの細かい傷を放置してしまうと、
そこにどんどん汚れがたまりやすくなってしまいます。

 

それが歯の黄ばみを加速させてしまうのです。
もちろん表面の傷自体は肉眼では確認できないようなミクロサイズの傷です。
でもこの傷こそが歯を黄ばませている張本人といっても過言ではないでしょう

 

歯の傷を修復するには?

歯の表面の傷が黄ばみの原因になっているのはおわかりいただけたと思いますが、この傷は自然に修復することはありません。
生きている限りは毎日歯を食事に使うわけですからなにか対策してあげないと症状はどんどん悪化するばかりです。

 

この傷を修復する有効な成分はハイドロキシアパタイトです。
このハイドロキシアパタイトは歯の表面のエナメル質の主成分で約97%の割合を占めています。

 

ハイドロキシアパタイトを毎日歯に与え続けることによって、
ミクロサイズの傷を修復することができます。

 

よって、このハイドロキシアパタイトを有効成分として配合しているオーラパールが歯の黄ばみを落とす歯磨き粉としておすすめなのです。

 

オーラパールを毎日使用することによって、歯の汚れの除去、
そして歯の表面の傷の修復を同時に行うことができます。

 

一時的な白さではなく、これからもずっと白い状態が続くように、
歯磨き粉でホワイトニングケアをする人が増えています

 

ホワイトニング歯磨き粉が通販限定なのはどうして?

当サイトでおすすめしているホワイトニング歯磨き粉”オーラパール”は通信販売でしか購入することができません。
そんなにいい商品なら薬局などで販売すればいいのに…。
そう感じてしまうかもしれませんが、これにはちゃんと理由があるんです。

 

まず、一番の理由としてはコストの削減があげられます。
通信販売のみにすることで、店頭販売に比べて大幅にコストダウンできます。
これによって、高品質 × 低価格を実現しています。

 

現状ホワイトニング歯磨き粉はどれも値段が高いです。
ランキングの第2位でおすすめしているパールホワイトでも定価が1本8,400円。
ちゃんと効果が期待できる商品だとこのくらいが普通です。

 

オーラパールはコストダウンと品質改良にこだわっていて、
長期的に使用しているリピーターがとても多いです。

 

長期愛用者を増やすことによって低価格でも利益を出しているんでしょうね。
私自身もすでに半年以上使用していますが、このまま通信販売のみでこの値段を維持していってほしいと期待しています。

 

歯の黄ばみを落とすだけじゃなく、歯周病予防や、口臭対策などもこれ1本で!
と考えればそうとうお得な歯磨き粉なんじゃないでしょうか。

 

当サイトで一押ししている歯磨き粉はオーラパールです。

 

価格が安いのにもかかわらず高品質。
継続使用もしやすいので自宅でのホワイトニングに挑戦したい人にはピッタリな歯磨き粉です。

 

もしアナタが歯の黄ばみに悩んでいるのでしたら
こちらの公式サイトでオーラパールのもっと詳しい情報と利用者の口コミをチェックしてみてくださいね。
↓    ↓    ↓

 

ホワイトニングは面倒?

芸能人は歯が命といわれていましたよね。白く歯がきれいな人は笑顔が美しいです。

 

しかし、黄ばんだ歯だと歯を見せるをのためらってしまいませんか。
歯を見せたくないがために笑うことを控えている方もいます。思いっきり笑いたいのに我慢するのはつらいものがあります。

 

歯の黄ばみの原因は、色の濃い食べ物や飲み物(カレーやコーヒーなど)、
タバコのヤニなどによる歯の表面のエナメル質への着色です。

 

私自身も歯の黄ばみにはそうとう悩んでいた時期があって、
歯医者さんに歯垢除去をお願いして、しばらくは白い状態が続くのですが、
1ヶ月もしないうちにだんだんと黄ばんでくるんですね。

 

タバコは吸わないのですが、もともと歯の質が黄ばみやすいらしく、
3ヶ月に一回は歯のクレンジングに来てくださいねと行きつけの歯科医で言われていました。

 

でも歯の掃除も1回につき1時間くらいかかりますし、
正直かなりめんどうなんですね。

 

でも長期間放置してしまうとこんどは本格的にホワイトニングをしなければならないので大変です。
歯の黄ばみを落とすことができるのが歯科医院で行っているホワイトニングで、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあります。

 

オフィスホワイトニングは、ホワイトニングジェルをに塗って、その上から一定時間光を当てる方法です。
施術には時間がかかります。オフィスホワイトニングはマウスピースや専用ジェルを使用して、自宅でホワイトニングをする方法です。マウスピースをはめるなど面倒です。

 

このように歯科医院で行うホワイトニングは時間や手間がかかったり、費用も高額です。もっと手軽にできるのが市販の歯磨き粉を使った方法です。どんな歯磨き粉が歯の黄ばみを落とすのに効果的なのでしょうか。

 

黄ばみを落とす歯磨き粉とは

歯の黄ばみの原因の上位ランキング1位は汚れの付着、2位は歯の表面の摩耗です。
1つめは食べ物やタバコなどに含まれる成分が歯に付着する現象です。
もう一つは歯の表面が傷つき、その下にある象牙質が浮き出て黄色く見えることです。

 

市販の歯磨き粉の多くには、歯の表面に付着したステインなどの黄ばみの原因物質を落とす成分が配合されています。
フッ化ナトリウム、ポリエチレングリコールなどの成分があります。それぞれの成分によって落とすことが得意な物質が違います。

 

研磨剤が使用されていることも多くあります。研磨剤は歯の表面を削って汚れを落とす事ができます。
研磨剤成分には重曹、ハイドロキシアパタイトなどがあります。

 

薬用ハイドロキシアパタイトは目には見えないほど細かい粒子が歯の表面の肉眼では確認できないほど小さい傷を修復してくれます。
歯の表面を修復して、ツルツルにしてくれることによって、歯は白く輝きやすくなります。

 

さらに歯の表面をなめらかにツルツルにしてくれることによって、
食べ物、飲み物による汚れがつきにくくなるのです。

 

市販の歯磨き粉で落とすことができるのは、歯の表面に付着している汚れだけです。
エナメル質の下にある象牙質が浮き上がって黄色く見える場合は、歯磨き粉を使っても改善することはあまり期待できません。
この場合は汚れを落とすよりも、歯のエナメル質を丈夫にする歯磨き粉を選んであげるといいでしょう。

 

歯の黄ばみ対策はどうすればいい?

市販の歯磨き粉である程度歯を白くすることはできますが、もともとの歯の色よりも白くすることはできません。
もっと輝くような白さを求めるなら、歯科医院でホワイトニングを受ける必要があります。

 

ホワイトニング歯磨き粉を使用していても、普段の食事に気をつけないと効果が減少します。

 

タバコのヤニは歯につきやすい成分で、一生懸命歯を磨いていてもタバコを吸っていたら効果を実感しにくいです。まずはタバコを止めることが大切です。
1日に何杯もコーヒーを飲む方もいますが、コーヒーにはタンニンが含まれており歯の黄ばみの原因となります。日本茶、紅茶、ウーロン茶にもタンニンが含まれています。

 

醤油や野菜など普段口にするものが歯の黄ばみの原因となり、すべて排除することはできませんが、歯磨き粉を使うことで予防・改善が期待できます。

 

 

歯を白くしてくれるのが歯科医院で行っているホワイトニングですが費用や手間がかかります。もっと手軽なのが市販の歯磨き粉です。
では、歯の黄ばみを落とすことのできる歯磨き粉とはどんなものなのでしょうか。

 

現在歯を白くする歯磨き粉で、人気が高いのは薬用ハイドロキシアパタイトを配合している歯磨き粉です。
ハイドロキシアパタイトは歯を削って黄ばみをとるのではなく、黄ばみそのものを浮かし溶かしてくれます。
歯の表面の細かい傷も修復してくれますので、自宅で歯のホワイトニングのケアをするのにぴったりです。

 

現在ではたくさんのホワイトニング商品が販売されていますので、
その中から、できるだけ安くて、自分の症状に合ったものをえらびたいですよね。

 

あなたにピッタリな歯磨き粉を選ぶにはランキング形式で歯磨き粉を紹介している比較情報と口コミ情報を参考にするといいです。
特に人気ランキングでは手っ取り早く効果の高い売れている商品がなにか知ることができますので、
あくまで参考程度に、ですが、一度見てみる価値はあるでしょう。

 

歯の黄ばみを落とす歯磨き粉

 

歯を白くするためにはハイドロキシアパタイトという
成分が重要です。なぜならこの成分が歯の表面の
エナメル質の97%を構成しているからです。

 

歯を黄ばませる食品は?

歯を黄ばませてしまう食品にはステインが多く含まれていることが多いです。
ステインとは歯の表面の汚れや着色のことをさします。

 

コーヒーや紅茶、日本茶などのお茶類、赤ワイン、チョコレートといったポリフェノールを多く含む食品。
そしてカレー、ブルーベリー、ミートソーススパゲティなどの色の濃い食品に良く含まれています。

 

またタバコのヤニなどが、唾液中のカルシウムなどの金属イオンと結びついて歯の表面に付着したもの、これらもステインです。

 

1日に何倍もコーヒーや紅茶を飲んだり、タバコを習慣的に吸ったり、こういった日々の積み重ねが、
ステインの蓄積につながっていくのです。

 

そして通常はツルツルの歯のエナメル質ですが、
着色ステインが蓄積していくことによって、ザラザラした状態になっていきます。
そうすると今度はプラークや歯石まで沈着しやすくなってしまいます。

 

ポリフェノールを含む食品

赤ワイン、チョコレート、お茶、紅茶、ソバ、豆乳、大豆製品…

 

ポリフェノールは抗酸化作用、脂肪燃焼作用で有名ですよね。
健康にもいい成分ですが、歯の黄ばみの原因にもなります。

 

ワインやチョコレートだけでなく、お茶に含まれるカテキン、
豆乳などの大豆製品に含まれるイソフラボン、ソバに含まれるルチンなどもポリフェノールの一種になります。

 

硫黄を含む食品

玉ねぎ、ネギ、にんにく、にら、大豆…

 

これらの食品には硫黄が含まれています。
硫黄も着色の原因になりますので、覚えておいて損はないでしょう。

 

カフェインを含む食品

コーヒー、コーラ、お茶、抹茶、紅茶、ココア、チョコレート、栄養ドリンク…

 

カフェインには着色作用があります。
歯の黄ばみが気になっているのなら、
歯磨きできない状況ではあまり飲み過ぎないようにしたほうがいいかもしれません。

 

色が濃く黄ばみにつながりやすい食品

カレー、ビーフシチュー、キムチ、チャンジャ、ミートソース、ブルーベリー…

 

色が濃い食べ物はそれだけで歯を黄ばませます。
意外とすぐに着色するので、食後の歯磨きが大切です。

 

その他

アルコール、タバコ

 

アルコールは歯の表面から水分を吸収すると言われています。
これによって、歯に汚れがつきやすい状況になってしまいます。
赤ワインなどは「色が濃い × アルコール」で、よく飲む人は注意ですね。

 

またタバコのヤニは黄ばみの原因の代表選手です。
タバコもお酒も大好き!という人はとくに黄ばみやすいので注意しましょう。

 

 

黄ばんだ歯の人がどんどん少なくなっている

1990年代の頃にはすでに自然な白い色の歯が流行になっていました。
さらに遡って80年代のころには不自然なほど白い歯、
「ホワイトニングしました!」というくらいの真っ白な色の歯にするのが流行っていました。

 

現在はあくまで自然な白さを求める人が多いです。
でもホワイトニングの技術向上のおかげか、みんなの白い基準がかなり明るくなってきているように感じます。

 

ベースの色もかなり白くなってきました。
たくさんの人が自分の歯の白さを気にかけるので、
歯が白いという状況に慣れてきているのでしょうね。

 

ホワイトニングを全くしていない人と比べると明らかに白い歯の人たちがたくさんいます。
そしてそれはもう不自然な白さではないのです。

 

歯に対するみんなの美意識が変わってきている

虫歯や歯周病についての先進国といえばスウェーデンですが、
審美歯科の先進国といえばやっぱりアメリカです。

 

アメリカでは歯並びが悪かったり、黄ばんでいたりするとそれだけで昇進できないほど、
歯についての関心が高いのです。

 

そのためかアメリカではホワイトニングの色見本でも1番明るいくらいの色が流行っていて、
逆に日本ではそれよりも数段階下の色が多用されているようです。
それでも日本でも年々好まれる基準の色が明るくなってきているのです。

 

アメリカでは口の中に金属が入っている人はとても少なくなってきています。
歯並びもキレイで、ホワイトニングもほとんどの人が行っています。

 

みんながキレイにしているので自分も歯が白くてキレイでないと恥ずかしいのです。
ただ違う国だと、まだまだ、歯の美しさに関心が低い国も多いのが事実です。

 

日本では年々美意識が高まってきています。
「いつまでもナチュラルでキレイな白い歯でいたい!」
男性も女性もそう考える人が増えています。